移動手段はある?通いにくいところは避けよう

動物病院はどんな選定基準で決めれば良い?

ペットは、急に具合が悪くなったりふとしたことでケガをしたりしやすいので、動物病院のお世話になる機会は案外多いものです。すぐ診てもらえる、ペットのホームドクターを見つけておくと安心ですね。
最近は動物病院の数も増えてきていますが、どの病院でも良いわけではないので、どのような選定基準で病院を選ぶべきかポイントを押さえておきましょう。
まず、重要なのは次の2点です。
動物病院を選ぶときは「飼っている動物が診てもらえるか」を確認します。犬や猫以外の動物は専門外という獣医師もいるので、事前に問い合わせることをおすすめします。
次に「スムーズに通院できる場所にあるか」ということも重要です。移動は動物にとって大きなストレスになるので、なるべく近い病院、飼い主が利用できる交通手段でスムーズに通院できる病院を選びましょう。

スムーズに通える動物病院を見つけておこう

評判の良い動物病院が見つかっても、自宅から通いにくいところにある場合、通院するかどうかは慎重に考えて決断してください。遠すぎる、ペットを運ぶ交通手段がない、電車やバスの乗り換えが何度もある、という場合は、移動に時間がかかります。乗り物酔いするペットもいるし、具合の悪いペットの容体がストレスでさらに悪化するケースもあるので、無理やり連れて行くことのないようにしましょう。 できれば自動車に乗せてスムーズに病院に連れて行ってあげるのが理想です。ペットを飼ったら、動物病院のホームページを見たり病院までのルートを調べたりして、通いやすいと判断できる動物病院をおさえておいてください。 犬や猫以外の動物をペットにする場合は、飼う前に通いやすい動物病院があることを確認することをおすすめします。