通院してしっくりこないのなら!ほかの動物病院にかえよう!

合う病院?合わない病院?

最近は昔よりも増えている動物病院。一緒に生活している方にとっては、ペットというよりむしろ家族、と言っていいほど大切な存在になっている方が多いのではないでしょうか?家族と同じように大切な存在のワンちゃん、ネコちゃんだからこそ、きちんと信頼できるお医者さんに診てもらいたいと思いますよね。
動物病院で診てもらうのは動物ですが、説明を聞いたり、治療の方針などを選択するのは飼い主さんです。なのでまず、先生の治療方法や予防などの方針に納得がいくかどうか、わからない事は先生や看護士さんなどに遠慮せずに聞けるかが重要です。その上で、先生の考え方と自分の考え方が合うか合わないかを見極めて行く必要があると思います。

だからと言って行くたびに違う病院はNG!

動物は言葉が喋れないので、飼い主さんが普段の様子や症状などを観察しておくのは重要です。しかし、動物病院のスタッフもまた、その子が診察室に入って来るときや処置を受ける時の様子などを観察しています。いつもは元気に走って入って来るのに、歩き方が変かな?、とか、いつもは注射を嫌がるのに、嫌がる元気がないなど、「動物病院での様子」も気にして診察をしているのです。そのため、毎回違う病院に行くとその子の普段の様子がわからず、病気の発見が遅れてしまう事さえあります。 もしも病院を変える際には、今までの予防歴がわかる手帳や証明書はもちろんのこと、いつもの病院での様子もメモしておいて、事前に看護師さんや先生に伝えておくといいかもしれませんね。 大切な家族のために、自分たちに合った信頼できるお医者さんを見つけましょう。